美白スキンケアを極める

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
mobile U

2020/05/17 Sun

8年目の改良

2005noren1.jpg

のれん・アサ NA 85×150cm /ニトリ @¥1,989ー
伸縮式つっぱり棒・ナチュラルホワイト木目柄 70~120cm /大創産業 ¥110ー


 早いもので、現社宅に住んで8年目に入りました。
 丸5年経過するまで、この社宅に何かをしようとは思えず、雨風を凌げればいい程度。

 それが不思議なもんで、ハタから見ればヘンテコリンな キッチンとリビングの開放。 さらには諦めていたキッチンと玄関の断熱間仕切り。
 そこから、書斎を寝室に合体(PCデスク等移動)、さらには、リビングとの仕切りだったストリングカーテンを全廃して開放。
 と、一つ切り崩せば、次が湧き出てくる不思議。

2005noren2.jpg

そして、それまで襖で締め切っていた元書斎=今物置部屋に使い道のなくなったストリングカーテン(ひものれん)をかけてみると、物置部屋の窓からの採光が薄暗い玄関まで届くようになりました。
こりゃあ、いいアンバイだ!と、今度は玄関から入って正面の襖が気になります。

2005noren3.jpg

こちらも暖房や冷房を使わない心地よい季節は開放したいんだけど、なんせ玄関開けたら真正面。
その先の書斎兼寝室にある開けっぱなしの押し入れの中身まで見えることになります。
それで、さっきのひものれんから、こっちものれんを垂らすかー!と、ヒラメータ♪ ヽ(・∀・)ノ

2005noren4.jpg

結果、100均の突っ張り棒とニトリののれんで解決です☆
ここも一度、ひものれんを試してみましたが、ひものれんって、一つ付けても向こう側は透け透けなのです。
物置部屋の方だって、宅配さんが重い荷物の場合、中まで進入して置いてくれますが、左に視線を向けると物置部屋が丸見え。

うちには、ひものれんが4つあったので、あの半間に2つ、3つ、4つ・・・と、全部使ってようやく物置部屋の内部が見えづらくなってくれました。

2005noren5.jpg

そして、のれんをくぐって、書斎兼寝室に入ると!
目の前の押し入れ一間幅にも、ニトリののれんを垂らして、開放部を隠蔽。
これなら、見ためもスッキリです。

過去、別の社宅に住んでた時も押入はたいていがオープン。
これまではロールカーテンを使うのがパターンでしたが、そろそろ異動があってもおかしくない年数が経っているので、設置が簡単なのれんでお茶を濁すことにしました。
もっと早くからヒラめいてくれてたら、どんなに良かったことか・・・。

今となっては大いに悔やまれます。 (´-ω-`)

関連記事
  1. |
  2. at 08:45 |
  3. カイマクリ |
  4. 書斎 |
  5. 寝室 |
  6. 工夫 |
  7. TB:0 |
  8. CM:0
持ち手の呪い | ホーム | iPad2 ケース、更新

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yusa.blog1.fc2.com/tb.php/8878-ea283126

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

持ち手の呪い | ホーム | iPad2 ケース、更新

Profile

ゆさ