美白スキンケアを極める

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
mobile U

2010/07/13 Tue

ジブンブログ #101 トラックバック前説

そのうち、ブログ機能の一つである 「 トラックバック 」( 以下、トラバ ) について、書こう書こうと思いつつ、ずーっと下書きで放置。 (´-ω-`)

先日も ( とは言っても今では相当な昔話w )、友から 「 トラバって一体何なの? 」 みたいなんを質問されて、私なりのそれを説明することで、自身の頭の中も整理されて、スッキリ☆
その勢いで、それを文章化しておこう! と思いつつ、またもや下書きで放置。 (´-ω-`)

それが、ようやく重い腰を上げたというか、上げるきっかけになったのが、トラックバックを別の側面から使う方法もあるんか! って気づきから。 ← ココ本命



ではまずは、前説から。w

私は今までトラバをツける ( 送信する ) 側には2つのタイプが考えられると思っていました。

★ ここではA子のブログに今日エントリーされた記事を例にしてみます。

(1) たわしを買ったよー!
(2) スパルタ子育てやってんだけど、どう思うー?

まぁ、そんな ↑ 内容の記事を読んだ人が以下の2人いたとします。

B子 : ほぼ毎日、やって来る常連さん。
C子 : 初めて、やって来た一見さん。 リピーターになるかは今んとこ不明。


▼ B子の行動

(1) 後日、真似っ子して同じの買ったので、自ブログにアップ! そして、A子の記事(1)にトラバ☆
(2) 同じテーマで私の考えを自ブログに書いてみるー! そして、A子の(2)にトラバ☆

上記の場合おおよそ、記事の冒頭には「 A子さんのブログを読んで~ 」( 下線に A子のブログもしくはエントリーの URL がリンク )が書かれていましょう。
つまり、その URL が貼られていることによって、B子の記事はA子の記事に対する 言及リンクが貼られたことになります。


一方、A子のブログに、たまたまヤって来たC子さん。

▼ C子の行動

(1) わおー! 偶然!! 私がこの前買ったたわしと、同じの買ってるー♪( C子はすでに自ブログの記事にしている。 ) これを機にA子の(1)にトラバ☆
(2) 私も前に同じことについて悩んでたなー!( もちろんブログで吐露済み。 ) 少しでも参考になるかな? とA子の(2)にトラバ☆

C子の記事は、A子が書いた(1)や(2)の記事より以前に書かれたものです。
ですから、C子の記事にA子の言及リンクはありません。
しかし、C子の記事には、すでに他の人からのコメントやトラバも多数あって、いろんな人の考えや情報もたくさんあります。

私がA子であれば、B子のトラバも嬉しいけれど、C子のトラバも別次元ですごく嬉しいー!
もちろん、逆に軽く凹むこと( たわしの使い勝手が悪かったとかのレビューを読んだりしてw )もあるかもしれませんが、それもお勉強のうちと思っています。



さてさて、今度はトラックバックを受ける側のハナシ。
今回の事例で言うとA子のことになります。

ブログ内のトラックバックの設定には、言及リンクのある記事だけを受け付けるトラックバックと、そのような制限を設けていないトラックバックの2種類があります。


<1> 言及リンク制限があるブログへのトラックバック

 A子の記事が基本になる展開
 A子の記事を読んで、エントリーのきっかけになった場合とでも言うのでしょうか。


<2> 制限なしのトラックバック

 A子の記事を受けて~とか、先に書いた、後に書いたとかはまったく関係ない。


しかし、B子やC子のような有益なトラックバックがある反面、キーワードが同じなだけで、内容は・・・ (´-ω-`) な場合もあるのは事実。
アクセス数が多いブログともなれば、スパムめいたトラックバックもベラボーに増えてしまう危険性があります。
 # うちのブログのことではありません・・・。 知ってるって? ちはー。

なので、何を優先して、トラックバックの設定を決めるかは、人それぞれといったところでしょうか。
A子がどっちで設定してるかは不明です。 だって架空w いや、それを言ったら全部架空ww



ちなみに、当ブログは、<2> 制限なしのトラックバックを随時受付中でございます。
共通項のあるエントリーは、じゃんじゃんトラックバックプリーズ☆ ってなスタンスです。

ただ、どこをどー見ても、このエントリーにそのトラバはないでしょー! と思われるものは、私の判断で後日サクッと消えていることもありえます。
まぁ、そういうことは今のところ滅多ありませんけどね。

さて、そんなことを長々と綴ってみましたがー!

1007tb1.png見てみてー!
左カラムの中段にあったトラックバックカテゴリーが姿を消してしまいますたー!

えぇ、今日書いたことは、実は前説。
前説でこんな長文になったので、続きの本番はまた後日ということで。

今日はもう寝るに限る!

さらば、サバラじゃー! ヽ(・∀・)ノ
関連記事
  1. |
  2. at 23:14 |
  3. オレメモ |
  4. ブログカスタマイズ |
  5. TB:1 |
  6. CM:2
画板スタイル | ホーム | 今日の読書

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yusa.blog1.fc2.com/tb.php/4677-cc3d9c67

ジブンブログ #97 トラックバックの別活用

前回の前説に、 「 トラックバックを別の側面から使う方法もあるんか! って気づき・・・ 」 と書きましたが、今日はその件。 以前から私の...
  1. 2010/07/17 Sat at 21:23 |
  2. mobile U

コメント

すごい分かり易い説明だったよぉ♪
私も「トラバって?」って、つい最近まで思っていたもの。
そして、この「言及なんちゃら」も知らなかったし(^^;
確かに、人気ブログでは管理が大変そうだよね。
うちも心配する必要、全然なっしんぐだけど(笑)
  1. 2010/07/14 Wed at 08:08 |
  2. |
  3. Neana* |
  4. edit

こんな下手っぴーな説明でわかってくれたなんて、 Neana* さんの読解力の方がすごいー!(笑
そして、分かり易い~だなんて、ありがとうございます。(TωT)

言及リンク、その筋の人wに聞いてみると、そのような制限をかけないと、管理するのが相当大変になるみたいです。
FC2 はトラバ設定の英数字フィルタのおかげで、本文の○%以上が英数字のものはスパム判定し受け付けないことができるから、私も最初は 100%でスタートして、都度、訳わかんないのを受信したら、 1%ずつ下げて様子見。そして今の設定値に落ち着いています。
  1. 2010/07/14 Wed at 22:53 |
  2. |
  3. ゆさ |
  4. edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

画板スタイル | ホーム | 今日の読書

Profile

ゆさ